ベンツの便利なサイズがちょうどいい

ベンツの便利なサイズがちょうどいい

メルセデス・ベンツのクラス・年式メルセデス・ベンツのマニアック情報おすすめ記事

ベンツのCクラスセダン、クーペ、ワゴンと色々種類があり、シリーズの中では最も人気があります。

新型のCクラスワゴンはセダンのような走りと、広々した荷物スペースが便利と余裕を持って
使いたい人にもちょうどいいサイズになっています。


ベンツのCクラスをいま中古車で買おうとすると、2007年〜2013年に販売されていた3代目の在庫が多いです。


2011年にフェイスリフトされるまでに販売されていた3代前期型のCクラスは、
ラグジュアリーでもなくスポーティも満遍なくカバーしている印象です。


同3世代の後半期型はエクステリアもインテリアも含めてテイストが変わっていて、
その後登場した後期型に比べると前期型はやや控えめなデザインに仕上がっています。


サイズは同じく便利なサイズなので、顔つきやシェイプの好みで確認しておくと良いでしょう。

後部座席はやや狭い印象がありますが、質もデザイン性も高いインテリアになっています。
シートが柔らかくてサポート感とのバランスが良くて乗り心地は快適です。
優雅な長距離ドライブを楽しみたいなら、Cクラスのシートは最適でしょう。


後部座席に狭さを感じるのであれば、Eクラスのベンツの方が便利でしょう。
中古車であればCクラスのベンツとそれほど価格差がなく買えるので、手が届きやすいです。

Eクラスは大型ボディなのでシーンを選ぶ車種ですが、
通勤用ではなくオフの日の長距離ドライブに使うならば便利なサイズです。


中古のベンツのCクラスは人気があり、ベンツのセダンの中で最もコンパクトです。

2001年からはハッチパックのスポーツクーペとステーションワゴンが追加されて、
スポーティなスポーツラインも用意されているので選択肢が広がります。

もっと手頃な値段でCクラスサイズの居住空間が欲しいというのであれば、
Aクラスでも良いでしょう。もともと燃料電池車や電気自動車用にデザインされていたので、
床下に空間があり、全面衝突時の衝撃吸収域に活用されています。ただ、Aクラスは全てFF車になります。


Cクラスは基本的にトラブルが少ないモデルですが、定期的にメンテナンスしておいたほうが良いです。
オイル漏れや足回りの経年劣化、エアバックのトラブルも多いです。

修理も板金塗装もまとめて頼める業者があるので、メンテナンスはそこにお任せすると良いでしょう。
板金塗装は小さな傷だけではなく凹みも近くで見てもわからないくらいに綺麗に直してくれます。



▸ この記事の続きを読む

ベンツの車検を20万安くする方法

ベンツの車検を20万安くする方法

おすすめ記事メルセデス・ベンツのクラス・年式メルセデス・ベンツのおすすめパーツメルセデス・ベンツの故障修理・車検

頑丈で高級感溢れる車体と、ゆったりとした乗り心地を備えていることから日本でも大人気な外車のひとつであるベンツではありますが、車検でかかる費用が高いことからファミリーカーとして所有することを嫌う家庭も少なくありません。特に10年以上買い換えずに乗り続けているようなベンツの場合、車検費用が40万円から50万円近くに上ることもあるため、車検のタイミングで中古の国産車に買い換えてしまうといったケースもあるのです。
ですがベンツは日頃からしっかりと整備を行なっておき、車検時に立ち会うことで費用を20万円近く減らすことが可能です。40万円から20万円になるというのは半額の金額で済むということなので、ベンツ乗りの方は自身の車両の整備状況に気を配っておくことから始めてみるといいでしょう。
整備を自分で行なっておき、車検時に整備する部分を無くしてさえおけば費用が20万円を切ることもありえます。特に注意しておくべきパーツとしてはタイヤやブレーキパッド、ワイパーのゴムなどの消耗品だと言えます。これらのパーツは自身で交換することが簡単に可能なので、パーツのみを買ってきて自身で交換してみることで費用を抑えることが可能です。
そしてエンジンを初めとした交換が難しい箇所が劣化しているようなら、正規ディーラーではないベンツ修理の専門店を利用して交換作業をお願いするのが好ましいと言えるでしょう。正規ディーラーは修理やパーツ交換などの質はいいのですが料金が割高なので、正規ディーラーと比較すると料金が安く、しかも整備状態を良質に保てるといったベンツ修理の専門店を利用するのが、最も賢い選択だと言えるためです。
ベンツは日本の普通自動車や軽自動車に比べて、電装品の扱いが難しく故障もしやすいとされていますが、ベンツ修理の専門店ならそのような故障にも対しても適切に対処してもらえます。ちょっとした不備や不調でも普段から直しておけば、結果として車検費用を抑える結果に繋がりますので努めるように心掛けてみてください。
その上で点検時に立会いを希望することで、余計なパーツ交換を防げ更に費用を安く抑えられるため試してみるといいでしょう。正規ディーラーの整備士に全て任せてしまうと好き勝手に部品を交換されてしまい、作業費用も余計に取られています可能性が高いです。オーナーが立ち会い交換すべきでないパーツはそのまま残してもらえば、20万円前後の節約はほぼ確実に叶うのだと認識しておいてください。

▸ この記事の続きを読む

Sクラスの個性派なデザイン

Sクラスの個性派なデザイン

メルセデス・ベンツのクラス・年式

ベンツのSクラスが新型となり、Sクラスという最高級のモデルが醸し出す独特かつ個性派なデザインもより現代風となって世に出回りはじめました。

Sクラスベンツはデザイン担当者が、ステータスと官能的なフォルムを現代的に表現した最高の自動車を目指した、と宣言したとおり、流れるような流線型のフォルムや無駄がない一方で無骨になり過ぎない絶妙なラインを引く全体の外観は、他の自動車とは一線を画したものとなっているといっても過言ではないでしょう。

実際、ベンツの新型Sクラスを担当したデザイナーが手掛ける前は、どのクラスでもベンツの車はデザインについて長い期間試行錯誤をしていたという歴史があります。 ライトひとつをとっても他社のモデルのように丸目4灯タイプとなったり、その次のモデルではピーナッツ型となったり、また外観でも丸みを帯びさせたモデルを開発した次には鋭いエッジをきかせたデザインとなるなど、外観を統一する前のベンツは右往左往していた過去を持っています。

一般的な高級クラスのベンツの印象としては、裕福な高齢者が乗る車というイメージとなっており、万人向けではない車という位置づけにありました。しかし先代の各タイプからスポーティな外観が取り入れられるようになり、また新しいデザイナーによって無骨なイメージが洗練され一気に若返った外観を持つようになりました。

どのモデルとも違う高級で個性派なデザインとともに、ベンツSクラスは搭載する機能も充実しており、内外ともに完璧を追及したモデルといえます。
一方で、エンジントラブル、そしてエアサスペンションの不具合といったトラブルが発生しているのも事実で、エンジンに関しては特にエアフローセンサーのトラブルが原因とされています。エアフローセンサーは吸い込んだエアーを量をはかるためのシステムで、走行時の燃調提示などに使われているセンサーです。

このセンサーのトラブルは特に中古モデルに多いとされ、なかにはセンサーの誤作動によって走行中にエンジンが停止してしまうという症例も極稀にあります。 このような症状を避けるために定期的なメンテナンスや、あるいは修理を業者に依頼しましょう。

また、エアサスペンションの故障例も多くあります。これは衝撃を和らげるために取り付けられているエアスプリングから空気が漏れてしまうもので、どこから空気が漏れているのか個人でチェックするのはとても難しい作業になるため、このトラブルに関しても業者に頼むという人が多いとされています。

ベンツSクラスは個性派デザインと先進的なシステムを搭載している一方で、車ならではのトラブルは他車と同じといえるでしょう。

▸ この記事の続きを読む

ベンツのEクラスのライトをLEDに変えて新しい夜の顔へ

ベンツのEクラスのライトをLEDに変えて新しい夜の顔へ

メルセデス・ベンツのクラス・年式おすすめ記事

ベンツは今も昔も憧れの高級車で、中でもEクラスの人気は根強いものがあります。簡単に説明すると、EクラスとはEセグメント乗用車のことで、調査会社であるグローバルインサイト社の分類において最上位の位置となっていて、スポーツ・クーペ、マルチパーパスカー、SUVを含んでいます。メルセデス・ベンツにおいて中核モデルとなっていて、源流はSクラスをはじめとする他のクラスよりも古くなっていて、W136までさかのぼり、直接的な系統はW121となります。

また特徴として、現行モデルと同じくらいにクラシック・カーの人気があって、中古車の人気も高いのです。初代から現行モデルまで全体的なデザインやシルエット、ライトなどを大きく変えてきて、それぞれファンがついています。

ただ外国車ゆえ、さらに中古のクラシック・カーの問題点もあって、悩みとなっている人も多いでしょう。当たり前ですがベンツのEクラスクラシック・カーの場合、ライトは昔ながらのものであって、現在の車両に慣れていると戸惑ってしまうこともあります。今はLEDが主流となっていて、これが普通になってしまうと物足りない、不安だといったドライビングに関連する問題も出てきます。ライトは夜の顔としてメインとなってくるもので、車好きな人なら気にすべき箇所となっています。

ただ外国車であるベンツの場合は手を加えるのが難しい場合があり、特に中古車をディーラーで購入した場合は売りっぱなしのことが多く、改造はもちろんメンテナンスも買い手にお任せになってしまいます。外国車の厄介なところはパーツが手に入らない、個人輸入をすると高額になってしまい、夜の顔を作ろうとすると高額になってしまうのです。

そして専門店に任せる場合も注意が必要で、外国車を取り扱っているところでないとパーツがいい加減なものになる場合があります。大切なのはベンツのEクラスを取り扱っているところで行うことで、専門の業者があるのでそちらに依頼しましょう。ライトをLEDに取り換えることで新しい夜の顔、スタイルになりますので交換はおすすめですが、頼む場所はしっかりと見極めることが重要です。
ベンツを専門にしているところならパーツも正しいものを使用しますので、誤作動の原因がなくなり、故障などのリスクが少なくなります。自動車は人を乗せて走るもので安全性が第一になってきて、そのためにはベンツ専門の業者を見付けて任せることが必要になります。

▸ この記事の続きを読む

1

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデス・ベンツの知って得するカー・ライフ手帳

株式会社ケーズファクトリー・ブログ

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP