ベンツの車検で必要なものとは?

ベンツの車検で必要なものとは?

メルセデス・ベンツの故障修理・車検

乗用車を所有していると、2年毎に必ず車検(継続検査)の時期がやってきます。
これは国産車でも外車でも同じです。

よってベンツを所有している場合にも2年毎の継続検査を受検する必要があります。
継続検査の際に準備しなければならないものはどの車でも同じものになります。

車検時の必要書類


必要書類としては『自動車検査証』、『自賠責保険証明書』、『自動車税納付証明書』があります。
車検証や自賠責保険証明書はどちらも車に備え付けているはずのものですが、万が一紛失してしまった場合には再発行することが出来ます。

車検時の諸費用(法定費用)と手数料


また継続検査時の経費としては自動車重量税と検査手数料、自賠責保険料といういわゆる『法定費用』と、
ディーラーや整備工場などに継続検査を依頼した場合の手数料である『車検基本料金』。
そして車の整備費用や消耗品交換費用などです。

法定費用は継続検査を受けるにあたって必ず支払わなければならない費用ですが、
その他の費用は自分で車を陸運局に持ち込んで継続検査を受ける、ユーザー車検という手段であれば支払うことはありません。

車検点検整備の重要性


しかし、新車登録から年数の経過しているベンツについては、様々な箇所に不具合がきている可能性があります。
そもそもベンツは全ての車種が国産とは異なる基準で製造されていますので、部品の消耗度が国産車の基準とは異なる場合があるのです。

例えば、国産車では10万キロ走行でも交換しなくてもよい部品であっても、ベンツの場合では3万キロ程度で劣化し交換する必要がある部品が存在するのです。
このようにベンツの継続検査を受ける場合には国産車とは異なり、しっかり整備を受けたほうが得策といえます。

確かに整備を受けなくても車検には通るかもしれませんが、あくまでも公道を走る最低限度の基準を満たしているか否かの判断であり、2年間の期間中に故障や不具合が起きないことを確約するものではありません。
経費を抑えるために整備を受けないまま継続検査を受けた場合、合格しても後に大きなトラブルが発生する可能性は十分考えられます。

よって、ベンツを所有している場合に大事なことは、定期的に点検整備を受けることです。
これなら数万キロ単位での整備となりますので、継続検査時やその後にも大きな不具合が発生する可能性は低くなります。

このように定期整備や検査をしっかり受けることによって、国産車よりも長く使用することができます。
定期整備および定期検査がベンツの車検に一番重要で必要なことなのです。


▸ この記事の続きを読む

ベンツの車検が高すぎると思っている人に朗報!

ベンツの車検が高すぎると思っている人に朗報!

メルセデス・ベンツのオーナーおすすめ記事メルセデス・ベンツの故障修理・車検


今は輸入車に乗ることも普通の時代になっています。
以前は一部の人しか乗ることができないような感覚があったのですが、徐々に庶民的にもなりつつあります。

外車ということで、デザインとしても走りとしても、ワンランク上のような感じがしたりしても、少し背伸びをすれば、手の届く存在になってきているのです。

ベンツの購入費用と維持費


しかし、外車というと購入するのに費用が高額であったり、国産車に比べて維持費がかかるといったことを聞いたりすることもあるかもしれません。
しかし、上手に工夫することでそれ程負担をかけずに持つことができる場合もあるのです。

輸入車の中でも最も人気があるといっても過言でないのが、ドイツ車です。
その中でも憧れる人が多いのがベンツになります。
スタイルのよさや高性能で走りがいいことなども人気の理由に挙げることができるでしょう。

ベンツはヤナセなどの正規ディーラーで販売されているのですが、中古車なども出回っているのです。
いずれにしてもある程度の距離や時間で乗っていると、何かしらの不具合が出てくることもあります。
国産車に限ってはそれ程多くはないのですが、輸入車に関してはよくあることなのです。
それを承知で乗るといいでしょう。

また、どういった車にしても新規登録から丸3年、その後は丸2年ごとに車検を受けることになります。
これは法的にも定められていることであって、必ず受けなければ乗ることができないようになっているのです。
しかしながら、車検の費用は正規ディーラーなどではかなり高額になるので、経済的な負担がかかってしまうものでもあるのです。

見積りをとってみても、それは高すぎると感じることもあるでしょう。
そういった人にはおすすめの車検方法があります。
それはより安く、専門的な点検や修理をしてもらうことができるところに出すという方法です。

ベンツの車検が格安!!

ベンツの今までの車検が高すぎると思ったら、神奈川県の横浜市にあるケーズファクトリーがおすすめです。
こちらではベンツパーツを取り揃えていて、車検や修理、整備や板金なども迅速に対応してもらうことができるのです。
神奈川県内はもちろんのこと、近隣の東京都内や千葉県、静岡県などからも依頼をする人がいるくらいです。
メールなどでも無料で見積りを出してもらうことができるので、一度問い合わせをしてみるといいでしょう。
メルセデスベンツを大切に乗り続けるためにも、高すぎる維持費にならないように、こちらに相談してみるといいでしょう。

▸ この記事の続きを読む

ベンツを板金塗装する前には必ず見積りを出すこと

ベンツを板金塗装する前には必ず見積りを出すこと

メルセデス・ベンツのトラブルブログメルセデス・ベンツの故障修理・車検

愛車のベンツに傷みが生じて、板金塗装が必要になった時は、必ず見積りを出して検討することが大切です。
車の愛用歴が長いと、ボディーの傷が増えてしまったり、塗装が傷んで錆の原因になってしまいます。
しかし、板金塗装は傷や塗装だけではなく、凹んでしまった部分も修復することが出来ます。
これからもベンツを愛用したいなら、板金塗装を検討することがお薦めで、コツを踏まえた板金塗装業者を見つけることがポイントになります。
板金塗装は、対応するベンツのクラスや年式であったり、状態を含めて費用や日数に違いが生じます。
また、技術を提供する業者の選び方でも、費用が大幅に異なる状況が発生します。
後で他社の方が安かったと後悔しない為には、最初に正式な見積りを出し、数社間で比較した上で、最終候補を決定することが理想的です。
見積りを依頼する相手によっては、ベンツを理由に足元を見て金額を決める業者も存在します。
他にも、依頼者を見て判断したり、その場の気分で金額を出す、悪質な業者が紛れ込んでいます。
安心して愛車を任せたり、納得して費用を支払うには、見積りを申し込む時に、業者の信頼性を知る必要があります。
信用を確認するコツは、金額の内容が詳しく出されていたり、正式な書類として提出される部分にあります。
作業で費用が発生する以上は、ベンツの状態を詳しく調べる必要がありますし、全体を順番に調べ上げれば、発生する費用の内訳を出すことが出来ます。
年間にベンツを数百台から数千台取扱う業者なら、板金塗装を始める前に、必要な経費や技術料を割り出し、費用として請求することが可能です。
これは、経験や勘等ではなく、正確な内訳に基いて出される見積り書にあり、説得力のある内容が安心に繋がります。
長く乗っているベンツは、金額より仕上がりが優先されることは珍しくありません。
ただ、車の価値を正確に把握される意味でも、正しく納得出来る金額を出してもらい、内訳を理解してから正式契約することが重要です。
金銭的な損失なら、愛車が傷ついたり失うことに比べれば、大した問題ではないと考える人もいます。
一方で、ベンツの価値や個性を良く知り、依頼者の気持ちを含めて対応する業者は、曖昧な金額の請求やいい加減な対応を良しとしません。
本当に車を大切にする業者なら、依頼者から信用される言動を心掛けるので、事前の疑問や質問を歓迎していますし、分かりやすく納得が得られる金額の提示を行います。

▸ この記事の続きを読む

ベンツの警告灯が点灯してしまったら

ベンツの警告灯が点灯してしまったら

メルセデス・ベンツのトラブルメルセデス・ベンツの故障修理・車検

最新型のベンツは、故障かな、と思うことがたくさんあります。旧型のオーナーでは考えられないようなことが起きるのです。その代表格が警告灯です。最近のベンツはコンピューター制御で各センサーの情報を総合的に判断しているので、思わぬところで警告灯が点灯したりすることが有るのです。もちろん、昔ながらの異常検知も有るので、最終的な判断はディーラーや専門の工場に持ち込んでチェックを受けるしかないのですが、素人判断で慌てて変な対処をするとおかしなことになってしまいます。
例えばESPと呼ばれる横滑りセンサーは車の挙動を加速度センサーで検知し、各車輪のトラクショントロールを行い横滑りを防止する構造になっています。通常の走行時は非常に便利な機能なのですが、立体駐車場のターンテーブルなどでエンジンを掛けたまま回転させたり、アイドリング状態で車をゆすったりするとESPランプが点灯したままになってしまうことが有ります。エンジンを切るまで点灯した状態になってしまうことが有るので、故障と勘違いしてしまうことが多いのですが、いったんエンジンを切って再度始動すると消灯することが多く、異常がないことが分かります。また、スピードメーターやタコメーターが動かなくなったり、様々な警告灯が点灯することが有りますが、決して慌てずに工場に持ち込むことが大切です。
旧型のベンツは物理的にエンジンオイルの量を測定していたり、温度を測定していたりすることが多い物でした。また、各所メーター類も機械的に接続されていることが多く、故障の際には全く点灯しなくなったり、動かなくなってしまうことが多かったものです。その為、これらの症状が出てしまうと車が動かなくなる可能性が有るので、すぐに車を停めなければいけないということが多かったのですが、最近のベンツはセンサーで検出しているので、まずはセンサーが誤動作したり、異常をきたしてしまうことが多いのです。その為、そのセンサーに接続されている動作が機能しなくなり性能を損なってしまうことが有りますが、走行性能自体は損なわれることが無いことが多いので、安心して修理工場まで持ち込むことが大切です。
ケーズファクトリーではベンツの様々な故障に対応できる熟練した職人が常駐しています。急な故障にも迅速に対応してくれるので、安心して修理を依頼できる会社です。テスターも豊富に揃えているので、さまざまなタイプのベンツに対応できるので安心です。

▸ この記事の続きを読む

板金塗装の調色の過程

板金塗装の調色の過程

メルセデス・ベンツのトラブルブログおすすめ記事メルセデス・ベンツの故障修理・車検

自動車は日常生活に欠かせない重要な移動手段ですが、一部の外国製高級車においては移動手段以外にも多くの意味を持ちます。オーナーの趣味を示すものであったり、その優れた走行性能に魅力を覚えたり、または、社会的な地位やステータスを象徴するアイテムであったりもします。ベンツはこうした多面的な価値を持つ自動車の一つで、その製造が始まって以来、約100年以上にわたってベンツは自動車の老舗として最高の車体を製造し、そして新しい技術を切り開くパイオニアであったといえます。
しかし、こうしたベンツも日常的に利用していれば当然摩耗していってしまいます。もしかしたら交通事故などによってボディに傷がつくかもしれません。こうした際には板金塗装などの自動車の専門修理業者に修理を依頼するとよいでしょう。もちろん、ちょっとした小さな傷程度ならば、市販の傷消しや塗料などで対応することができるでしょう。しかし、仕上がりを求める場合やより高度な調色などを期待する場合、広い範囲にわたって塗装落ちが起きた場合では、やはり板金塗装を利用した方が良いでしょう。ベンツともなると、車自体の価値もそれ相応のものとなってくるので、やはり、それに見合った修理が必要ということです。特に中古で購入されたベンツとなると、調色にはそれなりの技術が必要となるので、きちんと信頼のおける業者を選択する必要があります。
さて、この板金塗装では、「ぼかし」や「切り」といったような塗装の為の専門用語が利用されます。「ぼかし」は自動車に利用する塗料を薄めて利用することであり、その自動車にとって最適な度量を選択、濃度を調節し周囲の塗料と馴染ませることができます。このように板金塗装で利用される技術は、市販の傷消し塗料などでは不可能であるといっても良く、調色の技術などを考えると非常に高い精度を誇っているといえます。例えば、ケーズファクトリーはベンツを取り扱う修理業者として多くのユーザーから高く評価されています。特に調色に関しては中古ベンツにありがちな変色なども考慮に入れつつ、適切なカラーリングを選択することにたけており、ぼかしと切りも最小限で傷を見えなくすることができ、一般的に難しいとされる中古車の精密な調色を可能としています。また、修理の他にもベンツのドレスアップも行っているので、自分だけの個性的な車体を求めるコアなユーザーからも高く評価されています。

▸ この記事の続きを読む

ディーラーに行かなくても長く面倒を見てもらう

ディーラーに行かなくても長く面倒を見てもらう

メルセデス・ベンツのオーナーメルセデス・ベンツの故障修理・車検

ベンツを大事に扱いたい、そう思われている方はいらっしゃいませんか。
ベンツのメンテナンスをこまめにおこないたいけどどこにお願いしたらいいのかわからない、信頼できるディーラーさんが見つからないという方はベンツを専門に取り扱っている専門店にお願いしてみてはいかがでしょうか。
ベンツは一般のディーラーさんにお願いするのではなくベンツを専門に取り扱っている専門店にお願いするのが一番です。
ベンツを専門に取り扱っている専門店の中にはベンツの板金塗装や修理などのメンテナンスはもちろん、車検の更新を代行してくれるお店が存在しています。
一般のディーラーさんではお願いできない事もお任せする事ができます。
また一般のディーラーさんでは専門的な知識を持ち合わせていないケースが多いので、細かいサポートなどを受けられないケースが多いです。
ベンツのメンテナンスは普通の車よりも難しく、自分ではなかなか難しいので専門のお店にメンテナンスなどをお願いした方がいいです。
板金塗装などメンテナンスにかかる費用もディーラーさんでお願いするよりも安く、ドレスアップ用のパーツも格安で入手する事が可能になっています。
特に専門店ではドレスアップ用のパーツの取り扱いが多く、普通のお店では購入できないような商品も入手する事が可能です。
また自分の好みに合わせたドレスアップを代行してくださいますので、理想のドレスアップを実現する事が可能です。
専門店であればディーラーに行かなくても長く面倒を見てもらえますので、大事に乗って行きたいと思われている方は1度専門に取り扱いをおこなっている専門店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
メールでのお問い合わせも可能ですので営業時間内に問い合わせる事ができないという方はメール相談を利用されるといいでしょう。
またスマートフォン専用サイトなどを活用されますとパソコンを持っていなくてもすぐにサイトをチェックする事が可能です。
専門的な知識を持ち合わせていてメンテナンスや車検などの面倒を長期的に見てくれる専門店はとても珍しいです。
普通のお店でもメンテナンスなどの面倒を見てもらえますが、細かいサポートを受けたいと思われているのであれば専門店にお願いするのが一番です。
また高級車のメンテナンスとなればより専門的な知識を必要とします。
これから新しく購入しようと思っている、まだメンテナンスなどをお任せするお店を決めていないという方は気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

▸ この記事の続きを読む

ベンツの車検を20万安くする方法

ベンツの車検を20万安くする方法

おすすめ記事メルセデス・ベンツのクラス・年式メルセデス・ベンツのおすすめパーツメルセデス・ベンツの故障修理・車検

頑丈で高級感溢れる車体と、ゆったりとした乗り心地を備えていることから日本でも大人気な外車のひとつであるベンツではありますが、車検でかかる費用が高いことからファミリーカーとして所有することを嫌う家庭も少なくありません。特に10年以上買い換えずに乗り続けているようなベンツの場合、車検費用が40万円から50万円近くに上ることもあるため、車検のタイミングで中古の国産車に買い換えてしまうといったケースもあるのです。
ですがベンツは日頃からしっかりと整備を行なっておき、車検時に立ち会うことで費用を20万円近く減らすことが可能です。40万円から20万円になるというのは半額の金額で済むということなので、ベンツ乗りの方は自身の車両の整備状況に気を配っておくことから始めてみるといいでしょう。
整備を自分で行なっておき、車検時に整備する部分を無くしてさえおけば費用が20万円を切ることもありえます。特に注意しておくべきパーツとしてはタイヤやブレーキパッド、ワイパーのゴムなどの消耗品だと言えます。これらのパーツは自身で交換することが簡単に可能なので、パーツのみを買ってきて自身で交換してみることで費用を抑えることが可能です。
そしてエンジンを初めとした交換が難しい箇所が劣化しているようなら、正規ディーラーではないベンツ修理の専門店を利用して交換作業をお願いするのが好ましいと言えるでしょう。正規ディーラーは修理やパーツ交換などの質はいいのですが料金が割高なので、正規ディーラーと比較すると料金が安く、しかも整備状態を良質に保てるといったベンツ修理の専門店を利用するのが、最も賢い選択だと言えるためです。
ベンツは日本の普通自動車や軽自動車に比べて、電装品の扱いが難しく故障もしやすいとされていますが、ベンツ修理の専門店ならそのような故障にも対しても適切に対処してもらえます。ちょっとした不備や不調でも普段から直しておけば、結果として車検費用を抑える結果に繋がりますので努めるように心掛けてみてください。
その上で点検時に立会いを希望することで、余計なパーツ交換を防げ更に費用を安く抑えられるため試してみるといいでしょう。正規ディーラーの整備士に全て任せてしまうと好き勝手に部品を交換されてしまい、作業費用も余計に取られています可能性が高いです。オーナーが立ち会い交換すべきでないパーツはそのまま残してもらえば、20万円前後の節約はほぼ確実に叶うのだと認識しておいてください。

▸ この記事の続きを読む

走っているときに騒音が気になる場合

走っているときに騒音が気になる場合

メルセデス・ベンツのトラブルメルセデス・ベンツの故障修理・車検

ベンツの故障で発生しやすいのは、車両の各部が発する騒音で、音が故障に気がつく切っ掛けになります。
長年ベンツを愛用していて、故障に遭遇する確率が高いのは、車内の空調を管理するエアコンです。
ベンツのエアコンは、耐久性と性能を兼ね備えていますが、車を毎日愛用していると、やがて内部に不調が発生し、故障が騒音となって現れます。
修理料金の高さは、エアコンも関わるポイントですが、ベンツの修理に詳しく、技術の蓄積がある業者を選べば安心です。
エアコンの不調に気がつくコツは、今まで聞こえなかった音が耳についたり、甲高い音が発生した時が、故障箇所を見分けるヒントになります。
エンジンもまた、ベンツで割りと多い故障で、エアコンよりも大きい騒音だったり、走っている時に振動も強くなる傾向があります。
当然ながら、エンジン状態が悪化したままの放置は、症状の進行や車両価値の低下に繋がります。
最悪、一切動かなくなるケースもあるので、エンジン付近からの騒音に気がついた場合は、速やかに整備業者に任せる事が大切です。
ベンツの問題は、国内の車両を手掛ける業者よりも、ベンツを専門的に扱う専門修理業者の方が、安心して任せられる相手になります。
騒音は、何らかの不調が原因にありますが、発生箇所は様々で、時には複合的な原因が存在する場合もあります。
車が不快な音を出したままでは、状態の悪化が懸念されたり、音がストレスに変わって、快適なドライブが楽しめなくなります。
ベンツの魅力は、美しいシルエットと満足感の高い内装にありますが、基本は運転のしやすさやドライブの快適性で、勿論耳につく音が出ない事も条件です。
長年乗り続けていたり、大きな負担をかけてしまうと、様々な部分に問題が生じて、やがて音に変わり、オーナーが気がつく結果に繋がります。
中古の車両は、新車よりもトラブル遭遇率は高いですが、販売後のサポートが手薄であったり、身近に整備が任せられない状況もあり得ます。
完全な状態に修理したり、一つも問題を逃さず解決したいなら、経験豊富で専門知識を持ち、他に負けない業者を選ぶ事がおすすめです。
専門店を見極める鍵は、パーツの販売を手がけていたり、問題発生時の速やかな対応、そしてトラブルを避ける日頃の整備環境にあります。
信頼の業者は、音やトラブルの原因特定だけではなく、表面の傷補修や長持ちするコーティング、凹みキズの修復も業務として取扱います。
修理や整備に、専門的かつ経験や技術があると、軽い問題から重大な症状まで総合的に任せられますし、幅広く安心して愛車を預ける事が出来ます。

▸ この記事の続きを読む

ベンツのエンジンの調子が悪くなったら

ベンツのエンジンの調子が悪くなったら

メルセデス・ベンツのトラブルおすすめ記事メルセデス・ベンツの故障修理・車検

輸入車の場合、国産車と違って国内での流通量が少なく、また、国内で生産されていないことから、不具合が出た際に修理が難しいということがあります。
日本でも代表的な高級輸入車メルセデス・ベンツも同様で、近年、小型量産モデルがドイツからヨーロッパやアジア市場に輸出されると、日本でも国産高級車並みの価格で販売されています。
ベンツに対する懸念としてあるのが故障に関することです。

故障の原因はエンジンそのものの経年劣化よりも、他の部位から影響する可能性が大きく、高性能なエンジンを搭載しているメルセデス・ベンツは高性能オイルを使用し、オイル交換やエレメント交換を定期的に行う必要があります。
オイル管理がしっかりと出来ていないと、エンジン内部でオイルの焼き付きが発生し、摩耗の原因となり、異音を発生することがあります。
エンジンは吸気バルブから送り込まれてきた混合気がしシリンダー内でピストンにより圧縮され点火することにより燃焼し、駆動力に変わります。
オイルの役割はピストンとシリンダーの冷却・機密・清浄・潤滑などの役割を担います。
レシプロ発動機の場合、シリンダー内で混合気が燃焼する際に気密性を高めるため、コンプレッションリングという、ピストンリングが装着されており、シリンダー内壁に付着する余分なオイルをかき出すオイルリングがあり、これにより、オイルの潤滑が適度に行える油膜をつくり、ピストンやシリンダー内の焼き付きを防いでいます。

オイルの役割に清浄という役割もあり、製造時に測定される適正なパワーを発揮するため、シリンダー内をきれいに保ちます。
とくにベンツのように高いパフォーマンスを発揮する車の場合、質の高いオイルを定期的に換える必要があります。
オイルが汚れていると、燃焼の際にカーボンがピストンリングやバルブに付着し焼き付きを起こすと、気密性が悪くなりエア漏れが起こり、エンジンに振動を与えます。
振動は、マウントのクラックの原因となり、吸排気バルブの割れ、シリンダーヘッドの歪へとつながり、さらに振動を強くし、音が大きくなります。

とくに、大型排気量の過給機を搭載したメルセデス・ベンツの場合、オイル関係の交換をしっかりと行わないと故障の原因となります。
元々、排気量の小さい国産車に比べ、排気量大型の欧米車の場合、ハイパワーによる負担から故障の懸念が高かったことは確かです。
メルセデス・ベンツの場合、高い技術で製造されている側面から、オイルやベルト関係の消耗品をメーカーが推奨するグレードのものを選び、しっかりとメンテナンスしておけば、10万キロ以上の走行でも安心して乗れるでしょう。

▸ この記事の続きを読む

ベンツは高くても頻繁にメンテナンスをするべき理由

ベンツは高くても頻繁にメンテナンスをするべき理由

メルセデス・ベンツの故障修理・車検

ベンツというのは高級車だけに故障をしたら、メンテナンスにかなりお金がかかってしまいます。
特に正規ディーラーで整備を続けていれば、それだけで車がもう一台買えるのではないかというほどにお金がかかることも珍しくありません。

そのため、中には調子が悪いと感じていても正規ディーラーで診てもらえばそれだけでお金が多く飛んで行くので、騙し騙し乗っているという人も多いものです。

しかし、ベンツというのは故障の修理にお金がかかるものだけにそれだけに高くても、頻繁にメンテナンスをしておく必要があります。

そもそもベンツという車はメンテナンスをせずに長い間乗ることを考えられたものではなく、悪い部分は早めに交換をしていい状態を維持しながら乗り続けるという設計になっていますから調子が悪いまま乗っていると大きな故障につながって余計にお金がかかってしまうのです。
正規ディーラーのように問題のない部分まで早めに交換してしまうような過剰な整備はともかくとして、悪くなった部分は早め早めの交換をすることによっていつまでも購入当時の状態を維持し続けることができベンツの素晴らしい乗り味を堪能し続けることができます。

早めに消耗品を交換しておけば費用は高いと言っても、重大な故障をする前ですからそこまで大きな出費になるというわけではありません。

逆に僅かな出費によって新車のベンツの状態を維持することが出来ると考えれば、わずかな出費でまた素晴らしい車を手に入れることができるのと同じことですから多少の出費は気にせずにメンテナンスをしっかりとしておくことが大切なのです。

悪くもない部分を手入れする必要はありませんが、手入れをすべき部分はしっかりと手入れをして状態を維持していくというのがベンツの乗り方になります。

確かに普通の車と比較をすればお金がかかるものではありますが、ベンツという車の価値や性能を考えると維持にかかる費用というのはそれほど大きなものではなく長く乗り続けるのであれば頻繁にメンテナンスをしておいたほうが安上がりなのです。

メンテナンスをしっかりとしておけば、何年たっても何十年経ってもいい状態のまま走ることができますからそれだけお金をかける価値は十分にあるといえるでしょう。

性能を維持したまま乗り続けることができるので、メンテナンスに掛かる費用というのはその時は高く感じるかもしれませんが長い目で見た場合には決して高いものではありません。

▸ この記事の続きを読む

ベンツは国産車に比べ故障しやすい?

ベンツは国産車に比べ故障しやすい?

メルセデス・ベンツの故障修理・車検

今も昔も高級車として、そしてステータスの象徴として人気が高いのがベンツです。男性らしいフォルムの美しさ、そしてドライバーを守ってくれる安全性の高さがありますが、問題点もあって国産車に比べて故障しやすいとも言われています。しかしこれについては注意が必要で、ベンツを好む人の一定数は現行モデルではなくクラシック・カーを愛用しているのです。当たり前ですがどれだけ技術力が高くとも、クラシック・カーというのは過去の品であり、現行モデルに比べてさまざまな部分が劣っています。

そして中古車で買い求めた場合、こちらも当然ですが今までに使用されてすべての部品が消耗されている状態になるので、故障してもおかしくはないのです。これを失念していると、単純に国産車よりも劣っていると思われてしまうのですが、実際のところはクラシック・カーが今でも使えるということから技術力の高さが伺えます。ただ中古車のベンツに起こりがちなトラブルもあって、それが部品の劣化で、そこから故障に繋がってしまうことが多いのです。

そしてクラシック・カータイプの中古車を購入する時に気を付けたいのが販売元で、多くのディーラーは売りっぱなしが多く、アフターサービスの期待ができなく、故障などの際も自分自身でショップを探さなければいけません。一般的に国産車は販売元が責任を持って修理してくれるので楽なのですが、ベンツなどの外国車はそういった手間があります。もっとも手間を楽しみとする人がベンツを好むもので、そもそも安い買い物ではないので費用的には問題ないかもしれませんが、故障は安全性に関わってくるのでしっかりと修理する必要が出てきます。

そこで必要となってくるのがベンツ専門の修理会社に依頼することで、横浜市都筑区の「ケーズファクトリー」がおすすめです。こちらでは修理に使用するパーツはすべてベンツ専用のものなので、一度修理すれば二度目のリスクが少なくなります。これを他の車種のパーツで行ってしまうと、違和感からトラブルの原因になってしまうので専門店の選び方が重要になってきます。

ケーズファクトリーでは修理だけではなく、車検や整備、カスタムパーツの販売もしていますので活用したいものです。元がしっかりとした作りなのが魅力なので、トラブルの際に適切な処置を行う、定期的なメンテナンスをすることで安全性が持続します。大切なのは適切な専門店に任せることで、知っておくと活用できます。

▸ この記事の続きを読む

1

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP