ダイエットに成功したVクラスの魅力

メルセデス・ベンツのおすすめパーツおすすめ記事

街を出るとミニバンにすれ違うことが増えました。
それもそのはず、2015年9月の日本新車販売台数では、ミニバンが占める割合が初めて30%を超えており、その人気の程がうかがえます。
最大7人が乗車できる広々としたスペースとゆったりと座れるシート、家族が乗っても安心の高い強度、車体が大きい車両を操作しやすいように車載カメラやモニターを配置するなど、豊富なアクセサリーやオプションなどが注目されており、日本を代表する車種とも言えるほどです。
しかし、ミニバンを検討するならベンツVクラスも忘れてはいけません。
ベンツは日本市場向けに開発された2.2L ターボディーゼルを搭載したVクラスを販売しており、エンジンの性能向上とダイエットの成功により、先代の3.5Lに比較する最大125%向上させ15.3km/L(JC08モード燃費)の走行距離を実現しています。
ダイエットに成功したベンツVクラスの魅力は快適な運転性能にあります。
クルマに乗る人も大切だけど、一番大切なのはハンドルを握る「あなた」というメッセージが明確に伝わってくる品質を備えています。
アクセルを踏み込んださいの反応が極めてよく、ミニバンの重量を感じさせず、まるでスポーツバンのようなスムーズな加速性能を備えており、ハンドルの取り回しの良さと合わせると高速道路などの長時間ドライブに最適です。
ダイエットに成功したベンツVクラスは、ポスト新長期規制に対応しています。
具体的には窒素酸化物(NOx)を削減するため、粒状物質除去フィルター(DPF)が粒子状物質(PM)を除去した排ガスに尿素水溶液を噴射する仕組みが採用されています。
NOxガスを除去するために専用の尿素水溶液タンクを搭載しているため、エンジンの基本性能を犠牲にすることもなくエンジンが持つ性能をフルに発揮します。
ベンツVクラスは、ハンドルの取り回しに合わせて、車両後部がしっかりとついてくることも大きな魅力です。
また、走行状況に合わせて減衰力を最適にコントロールするセレクティブダンピングシステムを採用しています。
フロントにストラット式サスペンション、リアにセミトレーリングアーム付き独立懸架式を搭載しており、車体のローリングを防ぐスタビライザーも搭載し、安定走行を大きく向上させています。
ベンツVクラスは、ミニバンでありながらも高いトルクによるストレスのない加速性能と、ステアリングの取り回しの良さ、15.3km/Lを実現した低燃費性能に加えて、贅沢な内装とフロントグリルに輝くスリーポインテッド・スターが魅力です。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP