ベンツの修理はなぜお金がかかるのか

メルセデス・ベンツのトラブルメルセデス・ベンツのおすすめパーツおすすめ記事ブログ

ベンツの修理はお金がかかる。一般的にこのイメージは相当に強いものです。事実、修理にかかる費用はそれなりに必要ですが、やり方によっては安定した範囲内に抑える事も可能です。

ベンツは乗り心地の良さ、性能の高さを確保する為に、敢えてそれなりの部品交換を前提にして設計されています。そして、以前に比べて信頼性が向上していますので、修理が必要になるのは故障よりも消耗品の交換です。この為、一定の距離を走る度に部品が消耗し、その度に出費が必要になります。この際にポイントとなるのが、「交換用の部品に何を選ぶか」です。

長く走り続けた車両の部品を交換する際、仮に純正品と交換するとしましょう。ブレーキを適切に使えるように摩耗材や円盤を取り替える。ハンドリングの良さを維持する為にブッシュを交換する等、必要な長期消耗品は多岐にわたります。これら全てを交換していくと、整備費だけでも年間で二桁のお金が必要です。国産車に比べて相当に高額な費用がかかりますので、これだけを見れば、ベンツの修理はお金がかかるというイメージも正しいと言えるでしょう。

しかし、車両の部品を交換する際、廉価なOEMパーツと交換するとしましょう。この場合は純正品に比べて、大幅な費用低減が実現できます。このように、選択を少し変えるだけで、車両維持に必要なお金を相当に少なくできるものです。

ここで「廉価なOEMパーツと言っても、安いパーツは品質で劣るのではないか」と考えられるかもしれません。あるいは「OEMパーツは信頼性の低い外国の工場で作られた物」と思われるかもしれません。しかし、純正部品とOEMパーツとの違いはパッケージの違いに過ぎません。

ベンツを含め、自動車メーカーは車両に必要な部品を、全て自社で生産している訳ではありません。別会社に依頼して、それらを自社の車両に組み込むことで1台の車を作り上げています。自動車メーカーに部品製造を依頼されている会社は、所謂、下請け企業です。この下請企業が、製造した部品を自動車メーカーのパッケージに梱包した場合は、純正品として扱われます。一方、自社のパッケージに梱包した際は、OEMパーツとして扱われるのです。

純正品もOEMパーツも、部品自体は同じ下請企業が製造したものです。パーツとして何も変わる所がありません。すると当然、「車両の部品交換が必要になったら、高額な純正品を利用するより、OEMパーツを利用した方が安定した価格に収まる」という発想が出てくるでしょう。実際に、ベンツの修理に精通している業者はこうした事情を把握して、OEMパーツを積極的に利用しているものです。

ベンツの修理に高額な費用がかかるのは、何もかもを純正品と取り替えているから。ベンツに詳しい業者はOEMパーツを利用して、適切な車両維持とお金のバランスを保つ事ができる。これを覚えておけば、ベンツとより良く付き合う一助になるでしょう。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP