ベンツの車検を20万安くする方法

おすすめ記事メルセデス・ベンツのクラス・年式メルセデス・ベンツのおすすめパーツメルセデス・ベンツの故障修理・車検

頑丈で高級感溢れる車体と、ゆったりとした乗り心地を備えていることから日本でも大人気な外車のひとつであるベンツではありますが、車検でかかる費用が高いことからファミリーカーとして所有することを嫌う家庭も少なくありません。特に10年以上買い換えずに乗り続けているようなベンツの場合、車検費用が40万円から50万円近くに上ることもあるため、車検のタイミングで中古の国産車に買い換えてしまうといったケースもあるのです。
ですがベンツは日頃からしっかりと整備を行なっておき、車検時に立ち会うことで費用を20万円近く減らすことが可能です。40万円から20万円になるというのは半額の金額で済むということなので、ベンツ乗りの方は自身の車両の整備状況に気を配っておくことから始めてみるといいでしょう。
整備を自分で行なっておき、車検時に整備する部分を無くしてさえおけば費用が20万円を切ることもありえます。特に注意しておくべきパーツとしてはタイヤやブレーキパッド、ワイパーのゴムなどの消耗品だと言えます。これらのパーツは自身で交換することが簡単に可能なので、パーツのみを買ってきて自身で交換してみることで費用を抑えることが可能です。
そしてエンジンを初めとした交換が難しい箇所が劣化しているようなら、正規ディーラーではないベンツ修理の専門店を利用して交換作業をお願いするのが好ましいと言えるでしょう。正規ディーラーは修理やパーツ交換などの質はいいのですが料金が割高なので、正規ディーラーと比較すると料金が安く、しかも整備状態を良質に保てるといったベンツ修理の専門店を利用するのが、最も賢い選択だと言えるためです。
ベンツは日本の普通自動車や軽自動車に比べて、電装品の扱いが難しく故障もしやすいとされていますが、ベンツ修理の専門店ならそのような故障にも対しても適切に対処してもらえます。ちょっとした不備や不調でも普段から直しておけば、結果として車検費用を抑える結果に繋がりますので努めるように心掛けてみてください。
その上で点検時に立会いを希望することで、余計なパーツ交換を防げ更に費用を安く抑えられるため試してみるといいでしょう。正規ディーラーの整備士に全て任せてしまうと好き勝手に部品を交換されてしまい、作業費用も余計に取られています可能性が高いです。オーナーが立ち会い交換すべきでないパーツはそのまま残してもらえば、20万円前後の節約はほぼ確実に叶うのだと認識しておいてください。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP