板金塗装の調色の過程

メルセデス・ベンツのトラブルブログおすすめ記事メルセデス・ベンツの故障修理・車検

自動車は日常生活に欠かせない重要な移動手段ですが、一部の外国製高級車においては移動手段以外にも多くの意味を持ちます。オーナーの趣味を示すものであったり、その優れた走行性能に魅力を覚えたり、または、社会的な地位やステータスを象徴するアイテムであったりもします。ベンツはこうした多面的な価値を持つ自動車の一つで、その製造が始まって以来、約100年以上にわたってベンツは自動車の老舗として最高の車体を製造し、そして新しい技術を切り開くパイオニアであったといえます。
しかし、こうしたベンツも日常的に利用していれば当然摩耗していってしまいます。もしかしたら交通事故などによってボディに傷がつくかもしれません。こうした際には板金塗装などの自動車の専門修理業者に修理を依頼するとよいでしょう。もちろん、ちょっとした小さな傷程度ならば、市販の傷消しや塗料などで対応することができるでしょう。しかし、仕上がりを求める場合やより高度な調色などを期待する場合、広い範囲にわたって塗装落ちが起きた場合では、やはり板金塗装を利用した方が良いでしょう。ベンツともなると、車自体の価値もそれ相応のものとなってくるので、やはり、それに見合った修理が必要ということです。特に中古で購入されたベンツとなると、調色にはそれなりの技術が必要となるので、きちんと信頼のおける業者を選択する必要があります。
さて、この板金塗装では、「ぼかし」や「切り」といったような塗装の為の専門用語が利用されます。「ぼかし」は自動車に利用する塗料を薄めて利用することであり、その自動車にとって最適な度量を選択、濃度を調節し周囲の塗料と馴染ませることができます。このように板金塗装で利用される技術は、市販の傷消し塗料などでは不可能であるといっても良く、調色の技術などを考えると非常に高い精度を誇っているといえます。例えば、ケーズファクトリーはベンツを取り扱う修理業者として多くのユーザーから高く評価されています。特に調色に関しては中古ベンツにありがちな変色なども考慮に入れつつ、適切なカラーリングを選択することにたけており、ぼかしと切りも最小限で傷を見えなくすることができ、一般的に難しいとされる中古車の精密な調色を可能としています。また、修理の他にもベンツのドレスアップも行っているので、自分だけの個性的な車体を求めるコアなユーザーからも高く評価されています。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP