ベンツの車検を出すならディーラーか民間かどちらが良い?

おすすめ記事メルセデス・ベンツのマニアック情報ブログ

日本でも知らない人はいないと言って良いハイクラスなベンツはやはり車検費用もハイクラスです。
国産車とは比べ物にならない車検費用がかかることも多いため、ベンツオーナーとしてはその負担を少しでも減らしたいと考えることが多いでしょう。
そこでよくお勧めされるのが「民間修理工場での車検」なのですが、ディーラーと比較した場合どちらが良いかと言われるとこれはやはりディーラーの方が安心出来る部分は大きいです。
と言うのもベンツと言うのはしっかりとメンテナンスがされてこそ初めてその乗り味が味わえる車ですから、例えば日本の軽自動車のように最低限の部品だけ交換すれば走ってくれるというものではないのです。
言ってしまえば気難しい職人気質の車なわけですが、そうした車を民間修理工場に出すとなるとやはりそれなりのリスクがあります。
特にベンツを「ただの海外車」としてしか扱わないような民間修理工場に任せるのはやめた方が良いでしょう。
交換するべき部品がわかっていても適切な部品を選ぶにはディーラーの知識が必要になりますから、その知識を持っていない業者に車検を任せてもすぐに壊れて再修理ということがあり得ます。
もししっかりとした民間修理工場を知らないということであれば、その人はディーラーに任せた方が良いです。
さて、しかしこれは「しっかりとした民間修理工場がわからないのであれば」の話です。
もし自分が住んでいる町にベンツを専門的に扱うプロの民間修理工場があるのならば、そこで話を聞くことは十分考えてみるべきことでしょう。
問題なのは知識のないスタッフがただの海外車としてベンツを扱うことなのですから、しっかりとベンツとして扱ってくれるプロの工場があるのならばそこを利用するのは十分検討する価値があります。
知識があればどういった部品を交換するべきなのかしっかりわかっていますし、交換するにしても適切な部品を選定することが出来ます。
メーカーの公式部品を使わないということであってもしっかりとしたサードパーティーメーカーを選んでくれるでしょうから、より安く車検を済ませたいということであればそうしたところに依頼するのも十分ありです。
ただやはり、民間修理工場を適切に選べるかというのは少々難しい問題であるのは確かでしょう。
そこのスタッフの質を見抜く審美眼を養えるかどうか、スタッフに騙されないような車の知識を持てるかどうかもベンツオーナーに求められる資質なのです。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP