ベンツを板金塗装する前には必ず見積りを出すこと

メルセデス・ベンツのトラブルブログメルセデス・ベンツの故障修理・車検

愛車のベンツに傷みが生じて、板金塗装が必要になった時は、必ず見積りを出して検討することが大切です。
車の愛用歴が長いと、ボディーの傷が増えてしまったり、塗装が傷んで錆の原因になってしまいます。
しかし、板金塗装は傷や塗装だけではなく、凹んでしまった部分も修復することが出来ます。
これからもベンツを愛用したいなら、板金塗装を検討することがお薦めで、コツを踏まえた板金塗装業者を見つけることがポイントになります。
板金塗装は、対応するベンツのクラスや年式であったり、状態を含めて費用や日数に違いが生じます。
また、技術を提供する業者の選び方でも、費用が大幅に異なる状況が発生します。
後で他社の方が安かったと後悔しない為には、最初に正式な見積りを出し、数社間で比較した上で、最終候補を決定することが理想的です。
見積りを依頼する相手によっては、ベンツを理由に足元を見て金額を決める業者も存在します。
他にも、依頼者を見て判断したり、その場の気分で金額を出す、悪質な業者が紛れ込んでいます。
安心して愛車を任せたり、納得して費用を支払うには、見積りを申し込む時に、業者の信頼性を知る必要があります。
信用を確認するコツは、金額の内容が詳しく出されていたり、正式な書類として提出される部分にあります。
作業で費用が発生する以上は、ベンツの状態を詳しく調べる必要がありますし、全体を順番に調べ上げれば、発生する費用の内訳を出すことが出来ます。
年間にベンツを数百台から数千台取扱う業者なら、板金塗装を始める前に、必要な経費や技術料を割り出し、費用として請求することが可能です。
これは、経験や勘等ではなく、正確な内訳に基いて出される見積り書にあり、説得力のある内容が安心に繋がります。
長く乗っているベンツは、金額より仕上がりが優先されることは珍しくありません。
ただ、車の価値を正確に把握される意味でも、正しく納得出来る金額を出してもらい、内訳を理解してから正式契約することが重要です。
金銭的な損失なら、愛車が傷ついたり失うことに比べれば、大した問題ではないと考える人もいます。
一方で、ベンツの価値や個性を良く知り、依頼者の気持ちを含めて対応する業者は、曖昧な金額の請求やいい加減な対応を良しとしません。
本当に車を大切にする業者なら、依頼者から信用される言動を心掛けるので、事前の疑問や質問を歓迎していますし、分かりやすく納得が得られる金額の提示を行います。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP