ベンツが引き込んでくれる世界

メルセデス・ベンツのオーナーおすすめ記事

ベンツといえばドイツの車として有名ですが、日本に輸入される車の中で一番人気の高い車として有名です。
多くの人の心を掴み引き込んでいるベンツですがどのようなところに人気があるでしょうか。
ベンツの世界は独特の世界観があります。
これが人々引き込んでいる理由ですが具体的に言えばまずはその走りにあります。

走ることは車の基本の一つになります。
車に乗る以上目的地までいかに早く安全に到達することができるかが求められるのは当然ですが、
購入者はそのためにはお金をいくらかけてもかまわないという熱い思いがある人が多いのです。
日本の場合は高速道路でも速度制限はありますが、高速道路を疾走してどれだけ速く安全に目的地に到着できるかが大きな条件です。

日本にはベンツ非常に多く走っています。
日本では高級車のイメージがとても強く、中古であってもこの車に乗ることでお金持ちだという満足感もまた与えてくれます。
走りの基本性能がしっかりしているからこそ安心して乗ることができ、走りながら高級感と満足感を味わうことができるのです。

高級感を演出するものに革製のシートやウッドパネルなどがあり、これもベンツの世界に引き込んでいくアイテムになります。
しかし、地元ドイツを走っているベンツは、日本の車内のように高級感を感じさせる革製のシートが付いているわけではありません。
普通のシートが付いているだけになります。それにもかかわらず、多くの人を引き込んでしまうのはやはり走りが充実しているからと言えます。

ちなみに日本に入ってくるタイプは、日本用に手を加えられています。その結果、基本的な装備だけを見ても最上級車ばかりなのです。
基本性能以外の魅力は長い期間乗れる車種であることです。
あまり人気のない車種はしょっちゅうモデルチェンジを繰り返しています。ですが、ベンツは何年もその見た目が変わりません。ですが、実は毎年のように少しだけ変化しているのです。

日本車のフルモデルチェンジは基本的に6年に1度ぐらいになりますがベンツは8年から10年に一度ぐらいの間隔になります。
もともと購入しても古さを感じさせない作りになっていますので、それほど頻繁にフルモデルチェンジをしません。
一つ前の型式でも、現行型とは形が違うもののそれほど古いという感じは無いのです。
この考え方は所有する人にとってとても喜ばしいことではないでしょうか。

知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP