ベンツのブレーキパッド摩耗修理・交換作業

メルセデス・ベンツのトラブル

ベンツのブレーキパッド交換は専門店で!!


ベンツは高級車ですが、部品の摩耗などは普通の車と変わりません。
一般的に車の部品の中で最も摩耗する部品が ブレーキパッドです。

ベンツのブレーキパットは国産車と違って非常にすり減りやすいので、
約20,000キロから30,000キロ走れば交換することがベターです。

従ってブレーキパッド交換時期がきたら、車の整備工場に電話をして交換を頼むと考えるのが普通ですが、
ベンツの場合、民間の整備会社で対応できないケースがあることをこの車を持ったオーナーは知識として知っておかねばなりません。

修理の作業はお客さんの持ち込んだベンツのブレーキパッドを交換するだけですが
修理対応が可能な工場かどうかを確認してから頼まなければなりません。

この車の修理や整備に関しては、専門的な知識が不足している場合や経験不足の場合、
修理で大けがをすることもあるのです。

もちろん、整備等の知識のない車のオーナーが自身で分解整備をすることなども好ましくありません。
必ずベンツ整備専門の工場に頼むことが得策です。

ブレーキメンテナンス作業には、コンピューター診断機が必要!!


ベンツには車種によってSBC装着車両があります。
SBCとは「センソトロニック・ブレーキ・コントロール」の略称で、
メルセデスベンツの電子制御ブレーキシステムです。

このシステムSLクラス、Eクラス、CLSクラスに搭載されています。
センサトロニックが、ブレーキペダルの踏み込み加減を感知して、
ブレーキングを電子制御しますが、このSBC装着車両は、
ブレーキパッドの交換をはじめ、ブレーキフルードの交換や
ブレーキのエアー抜きについてはDASと呼ばれるコンピュータ診断機で
機能を停止させない限り、 一切の作業が出来ない構造になっているのです。

従ってブレーキパッドが摩耗した場合の交換の依頼先については、
安心で確実な専門整備工場に依頼することが最適です。

専門の整備工場の場合、この高級車の知識もたくさん持っていますし、
修理や整備の経験を多くこなしたスタッフがいますので、確実でもあります。

その他のトラブルもご相談ください!!


他の部分の不具合も長く車に乗っていますと出てきますが、
例えばパワーウィンド故障、ドアロック不良などが起こった場合、
弊社に一度ご相談ください。

多くのベンツの故障の修理を行ってきた実績がありますので、
信頼感は高いです。

ホームページのフォームからメールで問い合わせができます。
記載が必要なのは、車種、車体番号、年式で、相談は無料です。

こちらの記事もおすすめ!!


知って得するカー・ライフ手帳とは?

本サイトは、メルセデス・ベンツのオーナーになると気になる、パーツ(ドレスアップパーツ・用品)、修理(故障・トラブル・板金・塗装)、車検での、知っておくべき知識・情報、知っておくと得する知識・情報を、集めています。

不安解消の知識・情報から、メルセデス・ベンツとともに楽しむカー・ライフを、もっと楽しくする、いつでも役立つ情報、得する情報をまとめてコラム集にしました。
ぜひご活用ください。

メルセデスベンツに関することなら K's Factoryへ

PAGE TOP